太陽光発電・オール電化・エネパック・リフォームなら株式会社サンテクノへ

sp menu

FIT改正法について

固定価格買取制度改正(改正FIT法)

再生可能エネルギーの固定価格買取制度改正に伴う、新制度への移行手続き(みなし認定)について

お客様各位

平成29年4月1日より再生可能エネルギーの固定価格買取制度が改正されたことに伴い、
2012年7月1日以降に固定価格買取制度の認定を受け、
売電を開始されているすべての方に事業計画書の提出が必要になりました。

※特定太陽光の方を除く
(平成24年6月30日までに太陽光の余剰電力買取の申込みを行った設備。設備IDが「F」から始まるもの。)

すでに太陽光発電が運転中の皆様も平成29年3月31日までに認定を受け、接続契約をされた方は、すでに売電されている方も含めて、新制度への移行手続き(みなし認定)が必要となりました。
この移行手続きは、平成29年9月30日までに資源エネルギー庁へ提出を行う事となります。
この度、資源エネルギー庁より移行手続きの詳細が公表されましたので、手続きが必要なお客様へご案内申し上げます。

※移行手続きを行わなかった場合、
認定失効となり、現在の単価での売電が出来なくなる恐れがありますので、ご注意下さい。

申請書類

移行手続きに必要な書類は、

(1) 再生可能エネルギー発電事業計画書

(2) 代行提出依頼書

(3) 設備設置者の印鑑証明書

(4) 設置ID紐付け依頼書

(5) 接続の同意を証する書類の写し ※平成29年3月31日までに売電を開始していない方のみ必須

上記の必要書類を提出完了から、申請書類に不備がなければ確認完了まで数か月程度掛かります。

代行申請

弊社でも今回の手続きの複雑さ、提出書類の内容の煩雑さに関しまして、数多くのお客様よりお問い合わせを頂いております。

ご自分で手続きを完了させるのが不安な方、お忙しく時間の取れない方、もしくは販売店が倒産してしまって問い合わせが出来ない方など、メンテナンスの一環として今回の手続きをお引き受けさせて頂くことも出来ますので、先ずは下記お問い合わせフォーム、もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。

制度の詳細はこちら ⇒ 資源エネルギー庁 なっとく!再生可能エネルギー

お問い合わせ

代行申請依頼につきましてのお申込み方法、ご不明な点等がありましたら、こちらからお問い合わせ下さい。